読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスピンサーブが打てない

 僕がスピンサーブを打てるまでの記録,あとその他のメモとか.

RHEL (CentOS) 7 における locale 設定

Linux Tip

どうせメモるならブログ書こうかと.

ssh ログインすると

-bash: warning: setlocale: LC_CTYPE: cannot change locale (UTF-8): No such file or directory

locale コマンド叩くと

locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_ALL to default locale: No such file or directory

色々調べて,/etc/sysconfig/i18n に以下を記述し再起動したけど直らない.

LANG=ja_JP.UTF-8
LC_CTYPE=ja_JP.UTF-8

結論 RHEL (CentOS) 7 系では,/etc/locale.conf に設定するのでした. (上記をそのまま書いて # source /etc/locale.conf で O.K.)

あと localectl コマンドっていうのが追加されたようです.ctl 好きやなー.

$ localectl status で現状確認

以上です!!