読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスピンサーブが打てない

 僕がスピンサーブを打てるまでの記録,あとその他のメモとか.

2014 年 8 月 15 日の小ネタ

Technology Tip Linux Amazon Linux MySQL

autofs でマウントしたファイルのユーザーとグループが 4294967294 に

とあるサーバーを構築中に気付いて「?」となったけど以下の対策で正常に戻った。

$ sudo vi /etc/auto.direct
マウントポイント オプション NFS サーバー

この「オプション」の部分に nfsvers=3 を付加する。

MySQL の TMPDIR 絡み (と Snapshot のバグ?) でハマる in Amazon Linux

EBS が2つの MySQL サーバーでのお話。

  • EBS1, /dev/xvda1, ルートデバイス
  • EBS2, /dev/xvdb1, MySQL のデータなどはこちらに

デフォルトの「TMPDIR=/tmp」で運用していたのですが、using filesort なデカめのクエリーを流す処理があって、その度に /tmp 配下に数 GB のテンポラリファイルが生成されている。

ここまでは (まだ) よかったのだけど、ルートデバイスの Snapshot を取ると EBS1 への書き込みと iowait が異常に上がる。

($ sar -d コマンドで確認)

Snapshot が終了しても復帰しない。むしろもっとひどくなる。

そのためかクエリーの処理に時間がかかるようになって困りました、さぁどうしましょう、ということで、バッファサイズの調整とか色々やったのですが、結果的に MySQL の TMPDIR を EBS2 側に作成して再起動でまともに動くようになりました。

このあたりの話は以下のエントリーがもっと参考になると思います。

MySQLでデータ領域をシステムと別diskにするならtmpdirも設定した方がいい - 酒日記 はてな支店

実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版

実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版

  • 作者: Baron Schwartz,Peter Zaitsev,Vadim Tkachenko,菊池研自(監訳),株式会社クイープ
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2013/11/25
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (6件) を見る