読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスピンサーブが打てない

 僕がスピンサーブを打てるまでの記録,あとその他のメモとか.

MacBook で USB <-> シリアルポート変換ケーブルを使う

Technology Tip Network

スイッチやルーターの初期設定を行うとき,シリアル接続が必要になる場合が多々あります。

一部の Windows 用マシンならともかく,Mac を使っている場合,変換ケーブルが必要になりますね。

そんなときにうってつけなのが USB-CVRS9 という USB-RS232C コンバータです。USB-CVRS9 は ATEN UC-232A の OEM です。

UC-232AC の Mac OS X 用ドライバをインストール

http://www.atenjapan.jp/download/download.php にアクセスします。

モデル型番選択をクリックし,選択一覧にて UC-232A を選びます。そしてその下部にて「ソフトウェア/ドライバ」をクリックすると各 OS 毎のドライバーのダウンロードリンクが現れます。

インストール後,再起動します。

続いて以下をダウンロードします。

次のコマンドを実行してドライバーを入れ替えます。

$ tar -zxf osx-pl2303.kext.tgz
$ sudo mv osx-pl2303.kext /System/Library/Extensions/
$ cd /System/Library/Extensions/
$ sudo chmod -R 755 osx-pl2303.kext
$ sudo chown -R root:wheel osx-pl2303.kext
$ sudo kextload ./osx-pl2303.kext
$ sudo kextcache -system-caches

UC-232A を接続して /dev/tty.PL2303-000013FA が見えれば OK です。

あとは minicom などを利用して、シリアル通信することができます。

MacBook とスイッチを変換ケーブルで接続

MacBook Pro with Retina Display Model ですと,以下のようになっています。

  • 右側の USB ポート接続時
    • /dev/tty.PL2303-00002014
  • 左側の USB ポート接続時
    • /dev/tty.PL2303-00001014

この状態でスイッチ (DELL PowerConnect 6248F) に接続してみます。

MacBook <-> USB-CVRS9 <-> Serial 9 Pin CROSS ケーブル

  • 通信ソフトウェア
    • Screen
      • screen /dev/tty.デバイスファイル
    • minicom
      • brew update
      • brew install minicom
      • minicom -s
            +-----[configuration]------+
            | Filenames and paths      |
            | File transfer protocols  |
            | Serial port setup        |
            | Modem and dialing        |
            | Screen and keyboard      |
            | Save setup as dfl        |
            | Save setup as..          |
            | Exit                     |
            | Exit from Minicom        |
            +--------------------------+

というような感じで接続が可能になります。

サンワサプライ USB-CVRS9 USB-RS232Cコンバータ

サンワサプライ USB-CVRS9 USB-RS232Cコンバータ