読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はスピンサーブが打てない

 僕がスピンサーブを打てるまでの記録,あとその他のメモとか.

Munin in Amazon Linux

Munin in Amazon Linux

目次

Amazon Linux への Munin の導入は (先人たちの努力の賜物により) 超簡単です!

この記事で解説する環境の構成

  • WEB サーバー 1 台 (WEB01)
  • APP サーバー 1 台 (APP01)

Munin サーバーを APP01 にインストールします。APP01 自身の監視も行いますので Munin ノードもインストールします。

WEB サーバーには Munin ノードのみをインストールします。

Munin サーバー

Munin サーバーのインストールと自動起動設定

APP01 にて

$ sudo yum install -y httpd
$ sudo yum install -y munin
$ sudo chkconfig httpd on
$ sudo /etc/init.d/httpd start

Munin サーバー設定ファイルの編集

$ sudo vi /etc/munin/munin.conf

以下をコメントイン
dbdir   /var/lib/munin
htmldir /var/www/html/munin
logdir /var/log/munin
rundir  /var/run/munin
tmpldir /etc/munin/templates
staticdir /etc/munin/static
graph_period second

以下はコメントアウトしその下に監視するサーバー (Munin ノードをインストールするサーバー) の情報をすべて書く
# a simple host tree
#[localhost]
#    address 127.0.0.1
[WEB01]
    address WEB01 の IP アドレス
    use_node_name yes
    ...
    中略
[APP01]
    address APP01 の IP アドレス
    use_node_name yes
    ...
    後略

Basic 認証の設定

設定ファイルの中身を確認しておきましょう。

$ cat /etc/httpd/conf.d/munin.conf

<directory /var/www/html/munin>

AuthUserFile /etc/munin/munin-htpasswd
AuthName "Munin"
AuthType Basic
require valid-user
...
後略

ID を muninadmin として以下のコマンドで Basic 認証のパスワードを設定します。

$ sudo htpasswd -c /etc/munin/munin-htpasswd muninadmin
パスワードを入力

Munin サーバーの起動

$ sudo /etc/init.d/httpd start

Munin ノード

Munin ノードのインストールと自動起動設定

Munin サーバーをインストールすると,一緒に Munin ノードもインストールされます。APP01 では自動起動設定のみで O.K. です。

$ sudo yum install -y munin-node
$ sudo chkconfig munin-node on

Munin ノード設定ファイルの編集

$ sudo vi /etc/munin/munin-node.conf

#host_name localhost.localdomain
host_name WEB01
allow ^192\.168\.1\.101$    # APP01 からの接続を許可するので APP 01 の IP アドレスを書きます

プラグインの有効化

以下のコマンドでサーバーに適したプラグインをよしなに有効化してくれます。

手動適用は後述します。

$ sudo munin-node-configure --shell | sh -x

Munin ノードの起動

$ sudo /etc/init.d/munin-node start

プラグインの有効化

プラグインの実体

  • /usr/share/munin/plugins

プラグインのシンボリックリンク

  • /etc/munin/plugins

有効化させたいプラグインはここにシンボリックリンクを張ります。

$ cd /etc/munin/plugins

プラグインのシンボリックリンクを張る
$ ln -s /usr/share/munin/plugins/nginx_request nginx_request
$ ln -s /usr/share/munin/plugins/nginx_status nginx_status

Munin ノード再起動
$ sudo service munin-node restart

nginx 用プラグインの有効化

nginx 設定ファイルの編集と有効化

$ sudo vi /etc/nginx/nginx.conf

以下を追記
location ~ ^/nginx_status$ {
    stub_status on;
    access_log off;
    allow 127.0.0.1;
    deny all;
}

$ sudo service nginx restart
$ sudo service munin-node restart

Tokyo Tyrant 用プラグインの有効化

事前準備 Cache::Memcached のインストール

$ sudo yum install perl-ExtUtils-MakeMaker
$ sudo yum install cpan
$ cpan Cache::Memcached

Tokyo Tyrant 用プラグインのインストールと有効化

$ wget http://linux.papa.to/image/20101109_munin_tokyotyrant_.gz
$ gunzip 20101109_munin_tokyotyrant_.gz
$ cp 20101109_munin_tokyotyrant_ /usr/share/munin/plugins/tokyotyrant_
$ chmod 755 /usr/share/munin/plugins/tokyotyrant_
$ cd /etc/munin/plugins
$ ln -s /usr/share/munin/plugins/tokyotyrant_ tokyotyrant_4000

テスト
$ munin-run tokyotyrant_4000

$ /etc/init.d/munin-node restart

注意点

ログに以下のようなメッセージが書き込まれて Munin が動かない場合は crond を再起動してください。

(munin) FAILED to authorize user with PAM (Module is unknown)

以上です。

快適なムーニンライフを♪

サーバ/インフラエンジニア養成読本 管理/監視編 [24時間365日稼働を支える知恵と知識が満載!] (Software Design plus)

サーバ/インフラエンジニア養成読本 管理/監視編 [24時間365日稼働を支える知恵と知識が満載!] (Software Design plus)

キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置

キャパシティプランニング ― リソースを最大限に活かすサイト分析・予測・配置